蛭川研究室ブログ 新館 ホームページ

連絡先 関連リンク 「なぞなぞ認証」について 20221128 「蛭川研究室FAQ」のページを更新しました。 これ以前のお知らせは「過去のお知らせ」をごらんください。 連絡先 〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1 明治大学研究棟 4階受付気付お問い合わせは、…

シーニュ(記号/宮)とコンステレーション( 付置/星座)

共時性のコスモロジー ―シーニュ(記号/宮)とコンステレーション ( 付置/星座)再考― The Cosmology of Synchronicity: Reconsidering “Signe” and “Constellation” 科学は、反復される現象の中に法則性を見いだし、その法則を利用して未来を予測するこ…

【資料】ポール・ファイヤアーベント(Paul Feyerabend)

歴史が提供するゆたかな素材を見つめる人々、より低級な本能を喜ばせるために、すなわち明晰性、精確さ、「客観性」、「真理」という形式の中で知的な事柄における安全性を切望する気持を満たさんがために、その素材を貧しいものにするつもりのない人々にと…

【資料】ボードレール(Charles-Pierre Baudelaire)

詩集 アルコール・オピオイド・カンナビノイド ベンヤミンの陶酔論へ 各種の和訳 シャルル・ボードレールの著作の大半は、ウィキソースにアップされている。 fr.wikisource.org日本語に訳されたものについては「シャルル・ボードレール 翻訳作品集成」に詳細…

西暦2023年度蛭川担当演習科目参考書(案)

学部2年生 春学期 秋学期 修士1年生 春学期 秋学期 2023年度の演習で輪読する本について、検討中。以下は原案。 学部2年生 春学期 『彼岸の時間―〈意識〉の人類学―』蛭川立(春秋社)2002年(新装版は2009年) 『精神の星座―内宇宙飛行士の迷走録―』蛭川立(…

意識情報学研究所

明治大学意識情報学研究所は、特定課題ユニットとしての活動を終えました。しかし、研究活動自体は続いています。以下は、大学の公式サイトにアップされていた明治大学意識情報学研究所公式ホームページ www.isc.meiji.ac.jp (このページはもう存在しません…

西暦2023年度蛭川担当科目時間割

暫定的な時間割 授業時間 暫定的な時間割 科目名 学期 曜日 時限 校舎 教室 不思議現象の心理学 春 月 2 駿河台 未定 身体と意識 秋 月 2 駿河台 未定 フィールド・アプローチ 春 火 3 駿河台 未定 修士ゼミⅠ 春 火 4 駿河台 未定 修士ゼミⅡ 秋 火 4 駿…

アマゾン先住民・アヤワスカ関連映画

『Blueberry』 『彷徨える河』 『ラスト・シャーマン』 『カナルタ 螺旋状の夢』 制作された年代順に並べているが、よりノンフィクション的な描写が強まる順でもある。 『Blueberry』 www.youtube.com 『Blueberry』(2004年) アメリカを舞台にした西部劇の…

超心理学と関連学会の動向

アメリカの「Parapsychological Association」は、American Association for the Advancement of Science (AAAS)に加盟している学術団体であり、日本超心理学会(JSPP: Japanese Association for Parapsychology)は、かつては日本心理学諸学会連合にも加盟…

心理学における「異常」と「超常」

超心理学(parapsychology)とは、超常現象(paranormal phenomena)を対象とする心理学の一分野である。しかし、「超」心理学や「超」常現象という訳語は、いささか意味不明である。あるいは、一種の「いかがわしさ」さえ感じさせる。以下、断りがないかぎ…

蛭川研究室FAQ

蛭川研究室関連で質問などがある場合には、質問の重複を避けるために、まず以下の「よくある質問」を読んでみてください。それでも疑問が残る場合には、蛭川の公式アドレス まで、e-mailをお送りください。 2022年度の授業について 2023年度の授業について 2…

大麻・カンナビノイドの向精神作用と精神文化

この記事には医療・医学に関する記述が数多く含まれていますが、個人の感想も含まれており、その正確性は保証されていません[*1]。 大麻の向精神作用 大麻精神病と関連する物質誘発精神疾患 大麻の向精神作用 大麻は酒やタバコよりも害が少ない、というが、…

研究資料整理・2023年度講義計画草案思案中

この記事は書きかけです。 講義計画思案中 学部の講義 人類学 人類学A 人類学B 不思議現象の心理学 身体と意識 遺伝と文化 精神文化とサイケデリックスと神経科学 DMTをめぐる状況 カンナビノイドをめぐる状況 睡眠と時間 睡眠と覚醒 時間論 ウイルスと認知…

睡眠変調療養記 ー当事者研究としてー

睡眠時無呼吸症候群などの睡眠障害と脂肪肝・高脂血症の治療を進めています。医療法人ともしび会・ファイヤークリニック(代表、江越正敏)に通院し研究協力も行っていますが、診療報酬以外の資金等の授受は行われていません。 この記事には医療・医学に関す…

【資料】レヴィ=ストロース「世界における日本文化の位置」

『やきもち焼きの土器つくり』[*1] でアマゾン先住民の土器について議論したレヴィ=ストロースは、日本の縄文土器もまた同様の驚嘆すべき異文化として、西欧という視点からの三角測量を試みている。 「縄文の精神」とアクション・ペインティング これに対し…

統制と禁制

競馬と占い 闘鶏の解釈人類学 日本近現代の統制と禁制 競馬と占い 小さな政府で税金の安い香港はビジネスで成功を夢見る人には都合のいい場所だが、敗者や弱者にとっては公的な社会福祉が不十分なぶん、不安な社会でもある。香港では競馬と占いが盛んであり…

欧文科学用語のカナ表記

大学で声を出して講義をしたり、絶対に間違えたくない公式資料を裁判所に出したりという仕事を続ける中で、とくに化合物や生物の種名などをどうカタカナに置きかえているのか、自分でもアヤフヤだった部分や間違って覚えていた部分に気づかされるようになっ…

【文献】カント「空間について」『純粋理性批判』

目の前に一輪のバラの花がある(という表象を、私は経験している)。 目の前に赤いバラが存在しているように見える[*1] しかし実際に、目の前、三十センチ先の空間に、バラの花という物質的実体が実在するのだろうか。それは実在するだろう。なぜ学者はそん…

整理中書籍リスト

蔵書の整理中。hirukawa.hateblo.jp人類学、心理学、哲学など、研究教育に関連する書籍の長いリストは別に作ったが、はてなブログにはAmazonとのリンク機能があるので、これを使ってさらに蔵書を整理している。Amazonから本を買うことを推奨しているわけでは…

【覚書】療養メモ

旧館から新館への移転 2022年6月10日(金) 腹囲測定巻尺 グリーンラッシュ 酒は万病の元 記録の地層を発掘する 素粒子論 2022年6月11日(土) カンナビノイドとそのアナログ 2022年6月12日(日) 2022年6月13日(月) 旧館から新館への移転 こちらに新しい…

大麻の規制をめぐる情勢

この記事は特定の薬剤や治療法の効能や適法性を保証するものではありません。個々の薬剤や治療法の使用、売買等については、当該国または地域の法令に従ってください。 大麻の国際的規制 国ごとの規制 規制緩和 日本における大麻の法的規制 大麻取締法 THCと…

【覚書】不確定性原理

相対性理論 量子力学 自然単位系 相対性理論と量子力学は「観測」によって客観的な絶対時間と絶対空間を問題の外に置く。この現代物理学の二つの柱を、おおざっぱに説明してみる。ニュートンの『プリンシピア』は絶対時空を「公理」としたが[*1]、カントは時…

日本の精神展開薬研究史

この記事には医療・医学に関する記述が数多く含まれていますが、その正確性は保証されていません[*1]。検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。この記事の内容の信頼性について検証が求められています。確認のための文献や情報源をご…

大麻とカンナビノイド

Cannabis and Cannabinoids この記事には医療・医学に関する記述が数多く含まれていますが、その正確性は保証されていません[*1]。検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。この記事の内容の信頼性について検証が求められています。確…

「ゲリラ」としての学際研究

新しい研究分野は、必然的に学際的な様相を帯びるものである。しかし、学際的ということは、広く浅い雑学という意味ではない。すこし長くなるが、日本の宗教学の先駆者のひとりである柳川啓一による、よく知られた一節を引用する。 …宗教学は、宗教一般を解…

デリリアント(せん妄誘発薬)

Deliriants この記事には医療・医学に関する記述が数多く含まれていますが、個人の感想も含まれており、その正確性は保証されていません[*1]。 トロパンアルカロイド キダチチョウセンアサガオ ベラドンナとスコポラミン トロパンアルカロイド トロパンから…

仏教の戒律

初期仏教における戒と律 「酒」と「薬」の間 初期仏教における戒と律 仏教における戒律は、戒(sIla:行為の規則)と律(vinaya:教団の規則)からなる。初期仏教の経典の中で、もっとも重要視される『ダンマパダ』の第18章は、死を目前にした人が閻魔王に向…

【資料】グレゴリー・ベイトソン(Gregory Bateson)

日本語版『精神の生態学』の巻末にベイトソンの全著作とその和訳リストがある。1936年『Naven』(邦訳なし)Naven: A Survey of the Problems suggested by a Composite Picture of the Culture of a New Guinea Tribe drawn from Three Points of View作者:…

精神活性物質・精神展開薬関連書籍リスト

精神活性物質をめぐる用語 著作リスト 精神活性物質全般 精神活性物質をめぐる用語 精神に作用する物質について、まず用語の整理をしなければならない。医学用語としては、英語との対応関係も明らかにする必要がある。精神に作用する物質について、一般的に…

【資料】青木保『タイの僧院にて』

人類学者である青木保氏じしんがタイで出家した「参与観察」の記録『タイの僧院にて』。還俗したときの経文がパーリ語で記されている。私がかつてチェンマイで出家・還俗したときには(→「タイでの一時出家」を参照のこと)、パーリ語とタイ語訳とを交互に唱…