ヨーロッパ

古代ギリシア哲学における心物問題

近代科学の基本的な考えは、唯物論(materialism)である。脳という物質だけがあり、その情報処理のプロセスとして、意識や感情が発生すると考える。これは、あまりにも当たり前なので、唯物論という言葉自体が、認識論では、あまり使われない。(この語は、…

【資料】シャルル・フーリエ(Charles Fourier)

著作・邦訳 『四運動の理論』 『愛の新世界』 『産業の新世界』 伝記・解説 追加:その他の概論 著作・邦訳 フーリエの著作はCharles Fourier(Wikipedia)のBibliographieにリストアップされており、ここからもリンクが張られているが、フランス語版全集はO…

世界の美術全集

先史・古代を主とした美術全集 『世界の大遺跡』(全13巻、講談社)は考古学的な美術に特化した美術全集である。『新潮古代美術館』(全14巻、新潮社)は、東西の古代文明の美術を網羅している。日本の原始美術・古代美術も含まれている。ただし1970年代の刊…